アンバランスと滝澤ななみ氏との業務提携について

2021年6月30日

AIを利用したIntelligence Board及びゲーミフィケーションを展開する株式会社アンバランス(東京都千代田区 代表取締役社長:宮﨑  正、以下「アンバランス」)とファイナンシャルプランナー(以下、FP)、簿記、宅地建物取引士(以下、宅建士)の資格書の執筆を行っている滝澤ななみ氏は、2021年6月30日にゲーミフィケーションを利用した「ファイナンシャルプランナー3級学習サービス」の共同開発における業務提携契約を締結しました。

滝澤ななみ氏は、学習者目線で「シンプルな本文、レイアウト」、「全体像の把握のしやすさ」「理解しやすい板書」等、従来の資格書の難しいイメージを払拭した書籍を執筆しています。滝澤ななみ氏の書籍は多くの学習者、特に初学者、独学者から支持されており、FP、簿記、宅建士等の資格書の発行部数は累計600万部を超えております。

アンバランスは、資格書の第一人者である滝澤ななみ氏と業務提携を行い、ゲーミフィケーションを取り入れたFP3級学習アプリの開発を進めてまいりますが、資格学習については、以下のような環境と課題があると考えております。

(環境)

  • キャリアプラン・ジョブ型雇用による専門知識取得のニーズが増加している
  • コロナ禍での雇用不安やリモートワークに伴うお家時間の増加による資格取得のニーズが増加している

(課題)

  • 従来の学習アプリは、問題や過去問がメインとなっておりチュートリアルなケースが多い
  • 問題数、過去問数が非常に多く、消化することや逆に合格レベルに達することが困難
  • 多くのEラーニングでは動画の解説が難しく、学習するのに時間を要することで、逆に不効率になったり継続することが困難になったりしている

アンバランスでは上記の環境と課題を踏まえ、以下のような継続しやすく効率的に合格レベルに達成するFP3級学習アプリの開発を進めてまいります。

  • ゲーミフィケーション(達成状況、目標の明確化、インセンティブ等)と取り入れることにより継続的な学習を可能にする
  • AIを利用し、多く間違える分野について苦手分野克服のためのレコメンデーション機能を実装する
  • チュートリアルも実装しアプリだけで合格レベルに達成する(学科の学習が完結する)

また、当該FP3級学習サービスアプリは、FP資格学習者だけでなくライフプランニング、投資、保険、相続、住宅ローンについて一定の知識を得たいというユーザーに対しても提供していきたいと考えております。

【滝澤ななみ氏】

FP、簿記、宅建士など多くの資格書を執筆している。『みんなが欲しかった!FPの教科書'20-'21年度版』『みんなが欲しかった!FPの問題集'20-'21年度版』は年間売上No.1を記録している。また、『みんなが欲しかった!宅建士の教科書』および『問題集』は、刊行以来6年連続売上No.1を記録。その他にも売上No.1著作を多数輩出している。

【株式会社アンバランス】

AIを利用したIntelligence Board及びゲーミフィケーションの企画開発を行っている。Intelligence Boardで世界中のユーザーを楽しませている技術力や経験値を活かして、社会に貢献できるサービス開発を目指している。