関根茂九段作成の250問。
問題の種類は3手詰から手強い11手詰までを厳選して収録しました。ヒント機能のアドバイスも関根茂九段の書下ろしです。

使い方さまざま「詰将棋作成モード」

専用画面で「詰将棋の問題」を入力することで、コンピュータに解かせることができます。新しい詰将棋の問題を考えたり、新聞、雑誌や専門誌などに掲載されている「詰将棋問題」を解かせたり…。 もちろん、詰将棋の画面は詰将棋データとして保存・読み出しが可能です。
※詰手順が存在しない問題を使用した場合に、思考時間が極端に長くなることがあります。

詰将棋専用思考エンジンを搭載

正解手順以外の手を指した場合、当然不正解になりますが、コンピュータはそれに対応した手を返します。最後まで指し続けることで、正解・不正解の理由を納得いただけます。

その他の機能

収録された250問から、問題を自由に選択して詰将棋に挑戦することが可能です。
駒のグラフィックは3種類、画面サイズは4種類から選択可能。
問題が難しいときは「ひとことアドバイス(ヒント機能)」が役に立ちます。
問題作成「関根茂九段」
関根茂 九段 プロフィール
東京都葛飾区出身。現役最古参棋士。
公務員(農林技官)でアマ強豪として活躍後、プロ入り。第四期棋聖戦では大山に初の七段からのタイトル挑戦で話題になった(2-3で惜敗)。昭和59年九段、A級在位3年。趣味はカラオケ、釣り。血液型はA型。
本格的シリーズ
詰将棋 上級編
価格 2,074円(税込)
発売日 2004年10月15日
JAN 45 39820 00266 7
品番 HTS-250
動作環境
OS: 日本語Windows®XP/Vista/7/8/8.1/10/11 (32/64bit)
CPU: Intel®Pentium®III 500MHz以上 (推奨:Pentium®III 750MHz以上)
メモリ: 64MB以上 (推奨:128MB以上)
HDD: 40MB以上
CD-ROMドライブ: インストール時に必要
※自作機やショップブランドパソコンでの動作は保証いたしかねます。
Windows, Windows Vistaは米国Microsoft社の米国及びその他の地域における商標又は登録商標です。
PentiumはIntel社の登録商標です。
掲載されている会社名及び商品名は各社の商標又は登録商標です。