ファイナンシャルプランナー​(FP)とは?

個人の生涯の生活設計​(ライフプラン)を実現するため、資金計画を立てることを「ファイナンシャル・プランニング」といいます。
また、​ファイナンシャルプランニングをおこなう専門家を「ファイナンシャルプランナー(FP)」といいます。
「お金について」幅広く学習するため、豊かで安心できる人生をおくるのに必要な知識が身に付きます。

ファイナンシャル​プランナーで学ぶ6つの分野

FPでは​お金に関する知識を6つの分野に分けて学習します。
ファイナンシャルプランナーで学ぶ6つの分野 … ●教育・住宅・老後…ライフプランニングと資金計画 / ●保険…リスク管理 / ●資産運用…金融資産運用 / ●税金…タックスプランニング / ●マイホーム…不動産 / ●相続…相続・事業継承

ファイナンシャル​プランナー3級試験とは?

ファイナンシャルプランナー​3級は国家資格です。
3級FP技能検定試験に​合格すると「3級ファイナンシャル・プランニング技能士」となります。
保険会社や​証券会社など、金融分野への就職や転職に有利になる他、FP2級の受験資格を得ることができます。
金融の​基礎知識を得られるうえ、上級資格への足掛かりとしてもチャレンジする価値のある資格と言えます。
FP技能検定試験は、​「日本FP協会」と「金融財政事情研究会(金財)」の2団体が実施しています。
試験は​「学科」と「実技」があり、"学科"についてはどちらの団体でも同じ問題が出題されます。"実技"については、団体によって問題が異なります。(金財の場合は、更に2つの中から1つを選択します)
実技試験は次の中から1つを選択します
• 個人資産相談業務【金財】
• 保険顧客資産相談業務【金財】
• 資産設計提案業務【日本FP協会】