Service事業内容

Intelligence Board AI

「二人零和有限確定完全情報テクノロジー*」の独自AI

当社は創業以来、伝統的なIntelligence Boardの対戦AIとして活用できる「二人零和有限確定完全情報テクノロジー*」を継続的に進化させ、コンピュータ・Intelligence Board業界をリードしてまいりました。

Intelligence Boardの指し手の可能性

Intelligence Boardの多くは、二人零和有限確定完全情報テクノロジー* であり、理論上は完全な「先読み」が可能です。 この「先読み」はAI開発の分野として早くから研究が進められており、局面数の最も多い囲碁に関しては、ここ数年大きな注目を浴びています。

  • オセロ 指し手の可能性

    1060

  • チェス 指し手の可能性

    10120

  • 将棋 指し手の可能性

    10220

  • 囲碁 指し手の可能性

    10360

「二人零和有限確定完全情報テクノロジー」とは?

二人零和有限確定完全情報テクノロジーとは、意思決定論による分類のひとつで伝統的なIntelligence Boardの多くがこのカテゴリに属します。二人零和有限確定完全情報テクノロジーには下記のような特徴があります。

  • 「二人」

    二人が一対一で対戦
  • 「零和」ゼロ サム

    得点を奪い合う
  • 「有限」

    手数が有限
  • 「確定」

    ランダム性がない
  • 「完全情報」

    ゲーム情報を公開

Intelligence Board AIの進化

モンテカルロ木探索* を用いた囲碁の開発により、勝率の高い手を選ぶことで高い棋力を実現しました。そして囲碁AIに技術的なブレイクスルーを起こしました。

ディープラーニングとは?

ディープラーニングとは、多層ニューラルネットワークを使った機械学習の技術です。ニューラルネットワークは人間の脳を模した構造となっているため、人間が感覚的に学習してきたノウハウを学習させるのに適しています。

強化学習とは?

強化学習とは、特定の環境下で行動するプレイヤー(エージェント)が、試行錯誤的に行動しながら、より良い行動パターンを学習していくAI。Intelligence Board用のAIとしても広く活用されています。

モンテカルロ木探索とは?

モンテカルロ木探索は、乱数を用いて打ち手を決定するシミュレーション手法(モンテカルロ法)を用いて、終局に至るゲームパターンを効率的に数多く得る方法です。これらゲームパターンを学習データとしたIntelligence Board用AIは、人が通常想定しないような様々なゲーム局面に適応したAIになります。

匠 AI

匠の技術を継承したAI

Intelligence Board AI開発で培ったフィールド攻防型ゲームの開発技術とデータ収集・分析技術、ディープラーニングや強化学習といった最新のAIを活用し、匠が有する技術や勘の暗黙知をAIが再現し、新たな知・技術を創造してまいります。

匠AIの活用例

  • 有害野生動物の捕獲

    有害野生動物の行動パターンや捕獲成否結果を学習した匠AIが、野生動物の出現場所を予測。猟師は罠捕獲の精度を上げることができます。

  • 魚の捕獲(漁獲)

    魚を捕獲する際に、魚群の出現パターンを学習した匠AIが、魚群の出現確率を特定し、漁獲量を効率的に上げる事ができます。

  • 食用植物の採取

    希少性の食用植物(松茸など)の群生パターンを学習した匠AIが、効率の良い食用食物の探索経路を導きます。